ニュース (Latest News)

2018年4月1日:「サクラサク(Sakua Saku-Jesus Makes No Answer」のデモを公開。

 日本聖公会(Anglican Church of Japan)の聖歌作家でもある宮ア道(Peter Michi Miyazaki, not "Miyazaki Road")。2017年7月16日からカナダ(Waterloo, Ontario, Canada)にて行われた北米讃美歌学会(The Hymn Society Annual Meeting2017)に、兄の宮ア光司祭(Paul Hikari Miyazaki)と共に招かれた際、兄弟で新曲「Sakura Saku-Jesus Makes No Answer」を持参。2018年のイースター(4月1日)を祝して、その曲のデモ音源がYouTubeにて公開されました。編曲と演奏は作曲者自身です。是非、お聞き下さい。

2017年12月4日:アルバム「ヤァ!クリスマス第6集 - Know Thyself」(2013)が期間限定で再配信
covers

 2013年にフリー・ダウンロードでリリースした宮崎氏のクリスマス・アルバムの『ヤァ!クリスマス第6集《Know Thyself》』(YAH! CHRISTMAS Vo.6 - Know Thyself)が、再度フリー配信開始。ユーモラスで敬虔なアルバムです。

 詳しくはこちらをご覧下さい

2017年11月2日:初級教室(seed-class)「高速を降りて、国道を2キロ走った、モミの木に囲まれたカフェレストラン」の音楽を作曲
covers

 演劇ユニット・初級教室(seed-class)の第7回公演「高速を降りて、国道を2キロ走った、モミの木に囲まれたカフェレストラン」の音楽を担当。2009年末に公演した作品を改訂、音楽も新たにしての再演です。2017年11月29日〜12月3日の間に行われる公演の詳細は初級教室の公式サイト(http://www.seed-class.com/play/index.html)をご覧下さい。

 現在、宮崎 道(Peter Michi Miyazaki)は家庭の事情により、家族との生活を優先するために仕事を制限しています。Ongaku-no-Miyazakiは祈っています、彼のため、そして彼の家族のために。

2017年7月24日:The Hymn Society(US and Canada) Annual Meeting 2017

 日本聖公会(Anglican Church of Japan)の聖歌作家でもある宮ア道(Peter Michi Miyazaki, not "Miyazaki Road")。兄の宮ア光司祭(Paul Hikari Miyazaki)と共に、7月16〜20日に渡ってカナダ・ウォータールー(Waterloo, Ontario, Canada)にて行われたThe Hymn Society主催のアメリカ/カナダ讃美歌学会(The Hymn Society Annual Meeting2017)に参加。日本の讃美歌への取り組みを「TABI(旅): Our Journey as God's People - Hymns and Service Music of The Church of Japan」と題し、プレゼンテーションを行いました。

2017年7月6日:Youtubeに動画公開 - 「S25-9:キリエ」

 日本聖公会聖歌集「キリエ」、ギター・アンサンブルで演奏する“PLAY ON GUITARS(P.O.G)”の第7弾としてYouTubeに公開されました。2005-2006年にかけて作曲された、宮崎道の「モジュラー・ミサ曲」の1曲で、礼拝用なのでとても短いです。是非、お聞き下さい。

 左側のコンテンツメニューの「音楽」->「試聴」には、他にも多数の動画、音声を掲載しております。そちらも併せてご覧下さい。こちらをクリックして「試聴」のページに移動することもできます。

2017年4月14日:広響が「カープシンフォニー」最終楽章をノーカットで公開。

 2017年1月11日に広島文化会館HGBホールにて、秋山和慶指揮・広島交響楽団によって再演された宮崎 道作曲の交響曲「カープ・シンフォニー」。その公演の模様から「第5楽章:フィナーレ/ザ・ゲーム」を、広島交響楽団がYouTubeチャンネル「広響チャンネル」にて公開しています。是非チェックして下さい。

covers
MAKING MOVIES STATION Movie Show 2017
開催決定、2017年4月8日(土)〜9日(日)

 孤独の映画監督・武田正章(Masaaki Takeda)率いる映画団体“MAKING MOVIES STATION”。2年ぶり、第2回目となる大上映会を東京にて開催します。上映8作品中、5本の映画音楽を宮ア 道が手がけています。

 久々の公開となる2010年製作の長編『AURORA』(東京インディペンデント・フィルム・フェスティバル02・グランプリ受賞)が2日目、16:35よりラインナップされています。

 会場は小劇場てあとるらぽう(劇場へのアクセスはこちらをクリック)。チケットは1000円(1日分)。

 又、ご来場下さった方の中から抽選で6名様(一日あたり)に宮ア 道お手製のコンピレーションCD『Music for MAKING MOVIES STATION』(写真左)が当たります。この大上映会のための限定版です。この機会に是非、劇場へ足をお運び下さい。

 上映スケジュールにつきましては、こちらをクリック(PDFファイル)してご確認下さいますよう、お願い申し上げます。

[M.M.S. Movie Show2017は終了しました]

2017年1月11日:広島交響楽団「やるぞ!カープ・シンフォニー」終了

 秋山和慶指揮・広島交響楽団による「カープ・シンフォニー」(作曲・宮ア 道)、公演終了しました。世界的にも類をみない「或る野球チームのための交響曲」。25年ぶりのリーグ優勝を果たした日本のプロ野球チーム“広島東洋カープ”のチームカラーにちなみ、会場となった広島文化学園HBGホールは「赤」のコスチューム、カープのユニフォームを着た観客で満員に。広島交響楽団も赤いオリジナルTシャツ、マエストロ秋山和慶さんは背番号250番の自前のユニフォームに身を包み、35分間の熱演を繰り広げました。

 YouTube「広響チャンネル(HSO Channel)」

2017年1月7日:特別寄稿「カープ・シンフォニーのこと」追加

 交響曲「カープ・シンフォニー」(作曲・宮ア 道)、待望の再演が迫る中(チケットはSOLD OUT!)、作曲者自身がその作品について詳しく書いた文章が届きました。1月11日の再演を記念し、特別寄稿として掲載します。

 詳しくは左のサブメニューから「特別寄稿:カープ・シンフォニーのこと」をクリックするか、又はこちらからも行けます。

covers
2016年11月20日:Elpisクリスマスコンサートのお知らせ

 宮崎 道(Peter Michi Miyazaki)率いるバンド“Elpis”がクリスマスコンサートを行います。

 日時: 2016年11月27日(日) 14:00より
 会場: 日本聖公会 横浜教区 林間バルナバ教会

     〒252-0311 神奈川県相模原市南区東林間1-26-3
     ホームページURL: http://rinkan-barnabas.com
 入場無料。未就学児の入場も可です。

 Elpisについての詳細はこちらをご覧下さい。

 こちらのFaceBookページでも告知しています。

covers
2016年11月6日:「TOBIRA」OST、無料リリース

 映画『TOBIRA』(監督:武田正章/MAKING MOVIES STATION 2016)の完成と、第3回新人監督映画祭での初上映(2016年11月6日)を記念して、宮ア 道の最新作といえるオリジナル・サウンドトラック盤を期間限定フリー・ダウンロード配信します。期間は2016年11月6日〜20日の2週間。

 詳しくはこちらから御覧ください。

 [ 現在は配信終了しました。]

2016年9月16日:「カープ・シンフォニー」の冒頭2分半をSoundCloudにて公開

 幻の交響曲「カープ・シンフォニー」、2017年1月11日の再演を記念して、作品の冒頭2分30秒「ブリリアント・ファンファーレ」を作曲者自らが演奏し、SoundCloudにて無償公開しました。お聞きになるにはこちらをクリックして下さい。幻の傑作、再びこの世に姿を表します!



2016年9月16日:広島交響楽団、YouTube「広響チャンネル」にて公演告知。

日本・中国地方で唯一のプロ交響楽団、広島交響楽団(HSO)のYouTubeチャンネル「広響チャンネル(HSO Channel)」にて、2017年1月11日の再公演の予告編として動画をアップロードしました(動きません)。2008年11月24日の世界初演の録音を短く編集した音源ですが、実際に演奏される「カープ・シンフォニー」のサウンドを確認することが出来ます。どうぞ右の動画リンクをクリックしてお聞き下さい。

 YouTube「広響チャンネル(HSO Channel)」

2016年9月10日:「カープ・シンフォニー」再演のお知らせ


 日本のプロ野球チーム・広島カープの25年ぶりのリーグ優勝を記念して、宮ア道が2008年に作曲、同年11月24日に広島交響楽団が初演した管弦楽のための作品「カープ・シンフォニー(The Carp Symphony)」が約8年の歳月を経て2017年1月11日(水)、広島文化学園HBGホールにて再演されます。演奏は広島交響楽団(指揮・秋山和慶)。

 第二次世界大戦の最中、原子爆弾によって廃墟となった大都市に、まるで一人取り残されるように無残な姿で残った通称“原爆ドーム”と、隣り合うように新設された広島カープのホームグラウンド“広島市民球場”の半世紀に渡る時を通して、宮ア道の父・宮ア尚志(Joshua Naoshi Miyazaki 1932-2003)が広島カープのために書いた旋律を用いながら広島の復興を追想する、全5楽章、35分間の感動的なシンフォニーです。又、世界にも類をみない「或る野球チームのための交響曲」でもあります。

 コンサートの詳細、チケットのお求めは広島交響楽団・公式ホームページをご覧下さい。「やるぞ!カープシンフォニー」という題名のコンサートになります。

[チケット完売御礼!]
2016年8月12日:「Jingles for The Races 1995-2001」をYouTubeにて公開

 旧作を映像付きで公開しました。1995年〜2001年にかけて競馬場で放映されたビデオのOP曲、延べ数十曲から8曲をピックアップ。春夏秋冬、躍動する競走馬を表した作品集です。

 ご覧になるにはこちらをクリックして下さい。

2016年6月5日:「Harvest Dance」(1991)をYouTubeにて公開

 気まぐれに新作を公開しました。宮崎 道の初期作品、1991年のTVドキュメンタリー番組『ふるさとの祭/東松山の餅踊り』のオリジナル・サウンドトラックより、「ハーベスト・ダンス」と題された曲をお届けします。宮崎 道、23歳の作です。餅つき手たちが歌う、祝いの謡の一部を主題として作られたハピネス&ビューティーな曲です。

 この度、サントラ製作のために演出家から渡された“ワークテープ”(編集済の映像が収められたビデオテープ)が発見され、主題となったオリジナルの謡の音声を入れた“リミックス版”を製作しました。これは1991年当時、録音技術的な問題で出来なかった、作曲家が想定していた理想的な形です。映像と共にお楽しみ下さい。お聞きになるにはこちらをクリックして下さい。

covers
2016年4月20日:

 80年の歴史をもつ日本の人形劇団プーク(PUK)、2016年4月29日に初演を迎える舞台「はだかの王様」(原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン/脚本:川尻東次)の音楽及び音響効果を担当しました。45年前、1971年に新宿南口にプーク人形劇場が完成、こけら落としの一環で上演された演目のリメイクです。公演の詳細は人形劇団プークのオフィシャル・サイトをご覧ください。

 尚、併演の「しちめんちょうおばさんのこどもたち」の音楽は宮ア 道の父、故・宮ア尚志。奇しくも劇音楽は親子の競演となります。ご期待ください。

2016年4月15日:新曲「Something Happend On The Beach」のデモ音源をSoundCloudにて公開

 気まぐれに新曲を公開。人形劇団プーク『はだかの王様』(2016年4月29日より公演)のメインテーマとして書かれた4曲のうち、本編に使用されなかった「Something Happend On The Beach」のデモ音源です。ボツになってしまってこの曲は可哀想だから…と、SoundCloudにて無償公開されました。お聞きになるには是非、こちらをクリックして下さい。

2015年12月4日:「クレヴァニ…」未使用曲、映像付きバージョン

 映画『クレヴァニ、愛のトンネル』(監督・今関あきよし)の未使用曲「UNUSED SCORE」、今関監督自身のご要望と許諾により、予告編映像を使用した「映像付きバージョン」を製作しました。音楽は未完成ですが、綺麗に映像とマッチする宮ア道の音楽をお楽しみ下さい。

↑これは「ライトバージョン」です。画質の優れたフル・バージョンをご覧になるにはこちらをクリックして下さい。

2015年11月30日:「クレヴァニ…」未使用曲をSoundCloudにて公開


 映画『クレヴァニ、愛のトンネル』(監督・今関あきよし)の未使用曲集(1トラック)がSoundCloudにて公開されました。お聞きになるには是非、こちらをクリックして下さい。

2015年11月13日:「AURORA」OSTの1曲をSoundCloudにて公開

 2010年の映画『AURORA』(監督・武田正章、MAKING MOVIES STATION製作)の未発表サウンドトラックより「M23:さよならAURORA(Goodbye AURORA)」が、2015年新録版としてSoundCloudにて無償公開されました。お聞きになるには是非、こちらをクリックして下さい。

2015年11月12日更新:【クレヴァニCD事業部よりお知らせ】

 『クレヴァニ、愛のトンネル - Original Soundtrack』の限定CD版は在庫残り僅かとなりました。是非「お申し込み手続き」をしてGETして下さい。

 申込方法はこちら「2015年8月4日」投稿文をご覧下さい



 尚、CD事業部では入金確認が取れ次第、商品をお送りしております。ですが未だ入金がなく、事業部よりメール差し上げましてもご返信のない方々がおられ、3点が未発送となっております。こちらとしましても折角申し込み下さったのに、未だお届けできない事を心苦しく思っております。

 もしも携帯から既に申し込みされ、「受付完了メール」を受け取っていない方は、今一度、携帯メールの受信設定で「PCメール受信拒否」のフィルター機能がONになっていないかチェックして下さい。又は携帯電話会社の「迷惑メール防止機能」によってklevani_cd_app@sogaku.comからの自動返信メールが排除された可能性も考えられます。お手数ですが、お手持ちの携帯メールの「受信設定」を変更して再度申込するか、PCから改めて申し込みメールをしなおして下さいますよう、お願い致します。受付完了メールが受け取れませんと、その後の手続きが出来ません。

 又、本サイトの「コンタクト」よりお申し込み頂いた場合もで受付可能ですが、その後の手続きの流れと商品発送を記載した“自動返信メールの文章”は、クレヴァニCD事業部のメールアドレス klevani_cd@sogaku.com より別途送らせて頂いておりますので、こちらも受信可能なよう、改めて設定確認をお願い致します。

 何卒、宜しくお願い致します。

2015年9月1日:New Album「MONOLOGUES」リリース
covers

 ニューアルバム『MONOLOGUES - Music for The Play』が本日0時より各配信ストアより一斉にリリースされました!『クレヴァニ…』で聞かせた叙情性と切なさを湛えながら、光の射す方へと向かってゆく感動的な作品となっております。アルバムの詳細はこちらをクリックして御覧ください。

 日本でのダウンロード販売の取り扱いストアは iTunes Store、amazon music、music.jp、レコチョク、オリコン、Tapnow、mora等です。価格は「アルバムを購入する」で1,050〜1,080円です。重ね重ねのお願いですが、必ず「アルバムを購入する」でお買い上げ下さい。

 そして世界中の皆様へお伝えします。あなたの国のiTunes Storeでも、 [Peter Michi Miyazaki]又は[Monologues] で検索して下さい。購入して彼の活動を支援しましょう!又、9月半ば以降にApple MusicやSpotify、LINE MUSIC等でも配信予定です。

【MONOLOGUES・発売告知スポット】
covers
2015年8月27日:

 『クレヴァニ…』サントラ盤に続くアルバム2作連続リリース、2作目の『MONOLOGUES - Music for The Play』が9月1日より、各配信ストアよりリリースされます。アルバムの詳細はこちらをクリックしてください。

 日本でのダウンロード販売の取り扱いストアは iTunes Store、amazon music、music.jp、レコチョク、オリコン、Tapnow、mora等です。価格は「アルバムを購入する」で1,050〜1,080円です。

 尚、アルバム全曲を1曲ずつ購入&ダウンロードしないように!不要に高い買い物になります。必ず「アルバムを購入」をして下さい。お願い致します。

クレヴァニ、愛のトンネル - Original Soundtrack
2015年8月7日:Amazon.co.jpにて「クレヴァニ…」絶賛配信中!

 Amazon.co.jpにて「クレヴァニ、愛のトンネル〜Original Soundtrack」絶賛配信中!(左のジャケットをクリックするとAmazonの商品ページが表示されます)。カテゴリーは「デジタルミュージックストア」です。ダウンロードにはAmazon Musicアプリ(又はPCソフト)が必要です。尚「アルバムを購入」した後にアプリをインストールしても購入履歴は反映されます。

amazon.co.jpへ
2015年8月4日:「クレヴァニ…」OST Limited CD Edition

 「クレヴァニ、愛のトンネル〜Original Soundtrack」の配信リリースを記念し、今関あきよし監督による特別企画「Limited CD Edition」(限定生産サントラCD版)を販売します。CD盤はCD-Rとなります。映画のタイトルやアニメーションを手がけた水野 歌さんのデザインしたCDジャケット、主演の未来穂香さん、今関あきよし監督のコメント付き。クレヴァニ・ファンには新たなマスト・アイテムとなるでしょう。

 CD版申し込みは1件につき1枚、価格は1,500円+郵送料(140円=日本国内)、合計1,640円。振込手数料は各自ご負担願います。又、誠に勝手ながら日本国内にお住まいで、国内配送可能な方に限らせて頂きます。では申し込み方法は以下の通り。

1.クレヴァニCD事業部(宮崎 道)にメールを出す用意をして下さい。申込み専用メールアドレスは、klevani_cd_app@sogaku.comです。

2.メールには必ず記載して頂きたいこと
 件名: クレヴァニCD版申し込み
 本文: 申込者のおなまえ(例:暮馬仁太郎)※
     送付先の郵便番号(例:〒 ○○○ - ○○○○)
     送付先のおところ(書き間違えのないように記載して下さい)
     メッセージ[任意] (例:宜しくお願い致します…)

3.送信致しますと、振込方法が記載された申込受付メールが自動返信されますので、それに沿って手続きをお願い致します。

注意していただきたい事項:

※ 申込者の名前について----
 必ず「申込名」と「銀行振込名」の名前が一致するよう、又、必ず郵便が届く名前を記載して下さい。

宜しくお願い致します。

   
covers
2015年8月2日:「クレヴァニ…」OSTリリース

 いよいよ『クレヴァニ、愛のトンネル/オリジナル・サウンドトラック』が8月1日より、各配信ストアよりリリース開始しました。

 日本でのダウンロード販売の取り扱いストアは iTunes Store(iTunesアプリが必要)、amazon music(専用アプリが必要)、music.jp、オリコン・ミュージックストア、レコチョク、Tapnow、mora です。価格は「アルバムを購入する」で1,050〜1,080円です。

 ご注意願いたいのは、アルバム全曲を1曲ずつ購入&ダウンロードしないように!不要に高い買い物になります。必ず「アルバムを購入」をして下さい。内容は全曲で1つの「作品」となっています。

2015年7月24日:2アルバム・リリース予告

 2015年夏、アルバム2枚連続リリースを決定。まずはその第1弾として映画「クレヴァニ、愛のトンネル/オリジナル・サウンドトラック」を2015年8月1日、音楽配信にてワールドワイドにリリース致します。iTunes Store、Amazon Music(Amazon.co.jp)、music.jp、レコチョク、オリコンミュージックストア等で購入&ダウンロードして下さい。サントラ盤の詳細は「音楽」⇒「アルバム」をご覧下さい。

 日本以外の国の皆様へ。あなたの国のiTunes Storeでも [Peter Michi Miyazaki]、[Tunnel of Love] で調べてみて下さい。又、Apple MusicやSpotifyでも配信されます。

Base Designed by
CSS.Design Sample